お役立ち情報

二重整形「目尻切開法」とは?メリット・リスク・術後の腫れ・ダウンタイムは?【医師確認済】

「細い目はキツイ印象を持たれがち…」「可愛い服を着たいけど、目が細い私の顔には合っていない…」こんな悩みを抱えていませんか?化粧で誤魔化すこともできますが、毎日時間をかけて化粧をするのも面倒ですし、そもそもそこまでのメイク力がない、という方も少なくないはずです。

そこでおすすめなのが目尻切開法です!目尻をほんの数ミリ切開するだけで、キツイ印象から優しい目元の印象にガラリと変わることができます。

しかも効果は半永久的!メイクにかける時間は短縮できますし、大きく自然な目が手に入ります。切開と聞くと抵抗を感じる方もいるかとは思いますが、まずはメリットやデメリット、副作用など知るところから始めてみましょう。

目尻切開法とは

目尻切開法とは、その名の通り目尻を切開して横長の大きい目元を作る整形手術です。目尻から下まぶたのラインが緩やかになり白目の部分が広がるので、細くきつい目元を優しい印象に変えることができます。

  • 目を大きくしたい
  • 細くきつい目にコンプレックスを感じる
  • 優しい印象にしたい
  • 目の横幅を広げたい

目尻切開法は、こんな方におすすめです。

ただし、中には目尻切開法に適さない方もいます。もともと目尻の白目部分が隠れていない方にとっては、目尻切開法を施してもほとんど効果はありません。

チェックするポイントは目尻を外側に引っ張り、ピンク色の結膜がどのくらい皮膚で隠されているかどうかです。隠れている部分が1mm程度であれば目尻切開の効果はほとんど感じられませんが、3mm~5mmほど隠れている方は効果抜群です。

また、切開しすぎると逆に不自然な仕上がりになってしまうので欲張りしすぎないよう注意も必要しましょう。

目尻切開法のメリット・デメリットとは

細くきつい目にコンプレックスを抱いている方にとって、目尻切開法はかなり魅力的な存在となっているでしょう。

ついついメリットばかりに目が行ってしまいがちですが、少なくとも1つくらいはデメリットがあるものです。メリットとデメリットを比較し、目尻切開法は自分にとって必要のあるものなのか、正しい判断をしましょう。

メリット デメリット
・切開する部分は数ミリ程度なので負担が少ない

・細くきつい目を大きく横長の目に改善できる

・切れ長な印象になる

・たれ目やつり目の改善にもなる

・分かりにくい箇所のため傷が目立ちにくい

・同時に二重術も可能

・少なからず腫れやむくみなどのダウンタイムがある

・医師の技術次第では仕上がりに違和感が見られることも…

明らかにメリットのほうが多いのは言うまでもありません。目尻切開法は数ミリ程度しか切開しないこと、そして切開部分が目立ちにくい目尻であること、これらの理由から大きな変化というよりも少し雰囲気が変わる程度なので周囲にもバレにくいというメリットがあります。

またダウンタイムも1週間ほどで治まるので、二重形成の切開法などよりもずっと手軽感があります。

目尻切開法のリスク(副作用)について

目尻切開法にはどんなリスクが起こりえるのでしょう。必ずしも起こるわけではありませんが、可能性が0でない限りチェックしておく必要があります。

  • だるさ
  • 頭痛
  • 蕁麻疹
  • むくみ
  • かゆみ
  • 発熱
  • 胸痛
  • 冷や汗
  • アナフィラキシーショック
  • 呼吸困難
  • 化膿
  • 熱感

どの症状を引き起こすか、そして症状の度合いには個人差があるので言い切ることはできませんが、ほとんどの方はむくみを感じる程度で済んでいます。

アナフィラキシーショックや呼吸困難はアレルギーがない限り、起こる心配はないでしょう。

また、リスクは他にも…

  • 左右差を感じる
  • 希望と異なる仕上がりになった
  • 目尻を伸ばしすぎた
  • 目尻の開きが物足りなく感じる
  • まつ毛が抜ける
  • 逆さまつ毛になった
  • 目がゴロゴロする

など、仕上がりに対して不満を感じてしまう場合があります。医師と患者とのコミュニケーション不足、医師の技術不足が主な原因ですが、これらは回避しようと思えば回避できることばかりですよね。

仕上がりに満足できるように医師とのコミュニケーションは密に行い、経験・実績豊富な医師のもと目尻切開を行うようにしましょう。

目尻切開法の術後の腫れ具合・腫れの期間(ダウンタイム)

目尻切開法は比較的ダウンタイムが少なく済む整形手術だと言われていますが、具体的に腫れ具合はどのくらいなのか、また落ち着くまでの期間を知っておきたいですよね。万が一、学校や会社を休まなければいけないほど腫れがひどいのであれば、最低でも何日間休みを取ればいいのか前もって知っておきたいところです。計画的に進められるようにするためにも、ダウンタイムは必ず押さえておきましょう。

症状 期間
腫れ 多少、腫れはするものの二重形成ほど大きく腫れることはほとんどありません。3日ほどで治まるケースが多いので、ピークは術後3日間と考えていいでしょう。 3日~1週間
内出血 内出血によって赤紫色になることがあります。お化粧でカバーできる程度なので、あまり気にはならないでしょう。 1~2週間
傷跡 術後部分は1か月ほど赤みが出ますが、2~3か月ほどかけて赤みが白い線になり、次第に目立たなくなります。 1か月

ダウンタイムは個人差があるので人によっては症状が長引く方もいれば、逆にほんの数時間で治まったという方もいます。ただ、全体的に見るとダインタイムのピークは術後3日で、それ以降は次第に治まっていくように感じます。

もし可能であれば、術後3日間は学校や会社に行かなくていいようにスケジュールを調整することをおすすめします。

目尻切開法の経過は?

目尻切開法後はいくつか禁止される行為があります。しっかり守らないとダウンタイムが長引いたり、腫れやむくみなどの症状が悪化してしまう可能性も…。1日でも早く自然に仕上がるよう、目尻切開後の過ごし方を確認しておきましょう。

詳細
シャワー 当日より可能(顔を濡らさないよう要注意!)
洗顔 目元は術後4日目から可能
アイメイク 腫れが治まったら可能
入浴・洗髪 傷口を擦らないよう気を付ければ2日目より可能
コンタクトレンズ 術後3日目から可能
激しい運動 1か月間は禁止

再開する際には軽めの運動から始めること

目尻切開法後は、腫れやむくみなどの違和感が治まるまでは基本的に安静に過ごしましょう。また目を擦ったり傷口を触るのは絶対禁止です!目を擦る癖がある方は特に気を付けてください。

長時間のテレビ・パソコン・スマホの使用は目に大きな負担をかけるので、時間を決めて負担をなるべく減らすなどの工夫も大事です。

目尻切開法の値段の相場は?

目尻切開法の相場は両目で200,000円~250,000円です。切開する部分は数ミリ程度なのに意外と高い!と感じた方もいるでしょう。確かに目尻切開では最大でも5mmほどしか切開しません。

しかし、2mm以上切開すると雰囲気がガラリと変わるものなので、決してミリ単位の切開を馬鹿にすることはできないのです。きっと手術前と術後の変化を見ると、200,000円以上の価値を感じるでしょう。

ちなみに目尻切開は医師の技術力によって仕上がりに大きな差が出てしまいます。相場よりあまりにも安すぎるクリニックは少し気を付けたほうがいいでしょう。かと言って、逆に高すぎるクリニックは信頼できるのか?というと決してそういうわけではありません。

要は、相場を知っておくことで注意しなければいけないクリニックを見分けることができ、最終的には信頼して任せられる医師を見つける手段の1つになるでしょう。

目尻切開法の術式・手術方法とは

目尻切開法はどのように行われているのでしょう。クリニックによって多少の違いはあるかもしれませんが、だいたいの流れを把握しておくことで不安も少しは解消されるかもしれません。

麻酔

局所麻酔、もしくは痛みが心配な方は静脈麻酔を行います。

切開

まず初めに目尻の端を切開し、目を外側に向かって広げます。次に切開したまぶたの上下の組織を除去し、縫合します。

この時、切開しすぎてしまうと不自然になってしまうので医師の技量が問われる瞬間でもあります。最後にまぶたの表と裏を縫合し、完了となります。

目尻切開法は両目30分ほどで完了する手術です。切開する長さは1mm~3mmが一般的ですが、中には5mmも切開できる方もいます。

長さは長ければ長いほどいいというわけではなく、逆にやりし過ぎてしまうと逆効果になることも…。適度な長さを切開すると、より自然な仕上がりになれます。

目尻切開法のおススメのクリニックとは

目尻切開法は二重を形成する切開法と比べると頻度が少なく、目尻切開を行った経験がない、できない医師は少なくありません。

自然かつキレイな仕上がりを目指すためにも、医師・クリニック選びは特に重要となるので、慎重に選ぶようにしましょう。

湘南美容クリニック

施術法 価格(税込) 保証内容
目尻切開法 両目/185,490円 1年保証

城本クリニック

施術法 価格(税別) 保証内容
目尻切開法 250,000円

品川美容外科

施術法 価格(税別) 保証内容
目尻切開法 両目/101,850円

会員なら71,290円

片目/64,810円

会員なら45,360円

1年保証

聖心美容クリニック

施術法 価格(税別) 保証内容
目尻切開 300,000円

まとめ

「キツネ目のようなキリっとした長細い目が嫌…」「細い目はキツイ印象を与えるから損ばかりする…」こんなコンプレックスを抱いていたり、苦い経験をしたことはありませんか?もしかするとこれらは全て、目尻切開法で解決することができるかもしれません。

目尻切開法をすることで白目の幅が広がり、目が大きくなります。同時に、下まぶたのラインが穏やかになり、優しい印象の目元に変わることができます。

目尻切開法の相場は200,000円~250,000円!一度施術すれば半永久的に効果は持続するので、コンプレックスや悩みを抱えたまま生活するよりもずっと良いですよね。

また整形手術に抵抗がある方も、本来出ているはずの目尻の白目を切開によって見えるようにしただけ、と考えればハードルはぐんと下がるのではないでしょうか。ダウンタイムも比較的短いので、夏休みやお盆休みなど長期休暇の前に施してみてはいかがですか?

ABOUT ME
二重Beauty編集長 konomi
二重Beauty編集長 konomi
「二重Beauty」編集長。10代~40代以上の方々に幅広く理解して頂けるように二重に関するお役立ち情報をお届けします。